aws運用代行

AWS運用代行を利用すること

awsの運用セミナーは認定制度を利用して効率よく受けよう

2019-08-02
パソコン12

Amazonが提供するawsには100種類を超えるサービスが存在し、すべてを使いこなすまでには相当な学習が必要です。多岐にわたるawsの運用方法を効率的に学ぶためにはセミナーに参加するのが近道です。セミナーは初心者向けの基礎編から上級者向けまで幅広いカリキュラムが用意されています。

自分のスキルに見合ったカリキュラムを選択して受講してみましょう。

→awsの運用代行を利用するメリットとデメリット

awsは何から学ぶべきか

Amazon提供のawsは、基盤をベースに運用するだけなく幅広くカスタマイズできる汎用性を持ったクラウドサービスです。そのため使い方をマスターすれば、思うがままにシステム設計を構築し運用することも可能なサービスです。

しかし高い汎用性の代わりに複雑で範囲が広いため独学で勉強してすぐに使いこなすことは至難の業です。awsを基礎から学ぼうと思ったときにはまずどの範囲から学ぶかを考えることが大事です。awsに触れるのが全く初めてというのであれば、サーバーの構築から始めるのがおすすめです。

awsを利用するためには最低限サーバーの知識が必要となり、awsを理解するための基礎中の基礎となります。その上でコンテンツ作成を学ぶと理解が深まります。目に見えるコンテンツ部分から学ぼうとしてサーバーの理解が不足して途中で断念するケースは少なくありません。

サーバーとコンテンツを覚えた後に初めてawsにアップロードして動かす公開方法について学ぶのが基本コースとなります。これらを効率的に勉強することがawsを覚える一番の近道になります。

awsの情報は溢れすぎている

awsは大企業も利用する世界的に普及しているクラウドサービスです。そのため世の中にはawsに関する情報があふれかえっています。Webサイトを検索すると星の数ほどの検索結果が表示されます。公式で作られているものから個人的にアップロードしているものまでたくさんあり、中には間違った知識で書かれている物も存在します。

インターネットを通じて情報を得るのは間違ったやり方ではありませんが、全くの初心者でベースがない状態でWebサイトを検索しても逆に混乱を招くだけです。そのため、まずは基本的な内容をセミナーなどで受講して理解した上で、実務上どうしてもわからないケースに遭遇したときにWebサイトで検索して情報を探すのがベストな方法です。

Webサイトに書かれている内容は断片的な内容に過ぎません。セミナーを受講していれば一定のサポートも受けることができるため、受講後の不明点も気軽に質問できたり、同じ境遇の仲間にも出会える事ができるためWebサイトに頼らずに済むケースもあります。

awsの認定制度を理解する

パソコン19

世の中に出回っているソリューションの多くに認定制度が設けられておりますが、awsにも認定制度が存在します。認定制度を取得することでawsのスキルを対外的に証明することができ、就職や転職などを有利にすることができます。

縦軸に役割が存在し、基礎であるベーシックからアソシエイト、プロフェッショナルと三段階に分かれています。また横軸にカテゴリが存在し、クラウドプラクティショナー、アーキテクト、開発者、運用者があります。また別に専門知識に関する認定試験も設けており、セキュリティや高度なネットワーキング、ビッグデータの活用などの認定も受けることが可能です。

それぞれの試験を受けるには、まず座学研修を一定期間受講することが必要になります。awsが開催するセミナーもしくは、awsが認定しているセミナーに参加することで試験の受験資格を得る事ができます。その上で認定試験を受験し合格することで認定資格を得ることができる仕組みです。

初心者はまずクラウドプラクティショナーから受けるのがおすすめです。全くの初心者向けの講座でawsの入口になります。

awsのセミナーは多彩な参加方法がある

パソコン23

awsのセミナーは、Amazon主催のセミナーが最も多く全国各地で開催されています。初心者向けから中級程度の講座であれば開催時期も多数あり、開催地も身近な場所で受講することができます。セミナーは集合研修スタイルで受講するのが一般的ですが、Amazon主催のセミナーは多彩な方法で受講できるのも魅力です。

集合研修スタイル行う講座はクラスルームトレーニングと呼ばれており、他にもオンデマンド方式やチュートリアル動画方式、eラーニングを活用するデジタルトレーニング方式、そしてライブ配信で受講できるオンラインセミナー方式も用意されています。

受講スタイルは受講者の環境や状況に応じて選択するのがベストです。どうしても終日の集合研修に参加する都合がつかない場合には、好きな時間で受講できるスタイルを選んだり、すきま時間を活用したい人などにも対応できます。

それぞれの受講スタイルで料金が異なるため、費用に応じてセレクトすることも大事なポイントです。不明点を直に質問したい、同じ境遇の仲間と一緒に勉強したいのであれば、クラスルームトレーニングがおすすめです。

Amazon主催のaws運用セミナーの特徴

Amazon主催のawsセミナーの最大の特徴は、提供元が行っている研修であるため新しいサービス追加にいち早く対応していることです。もちろん他の企業が開催しているセミナーも講師は、講師専用の認定資格を持っていないと開催することができないため内容は安心できますが、新しいサービスへの提供はどうしても一歩出遅れてしまいます。

awsの新サービスは次々とリリースされており、ロードマップや今後のリリース予定などの情報を付加価値として捉えるのであれば、Amazon主催のセミナーに参加するのがおすすめです。Amazon主催のセミナーは実技を多く取り入れているのも特徴です。

一日で基礎を覚えるような短期間の研修では座学中心ですが、数日間行う研修では課題に取り組み理解を深める内容がカリキュラムに多く入っています。そのためただ聞くだけでなく自分で触って確認して身につけることができるため、理解度を高めやすいという特徴があります。

そして、どの研修もボリュームがちょうど良いのが最大のポイントです。研修では覚える事が多く詰め込み型のスタイルになることが多いのですが、基本となる部分を中心に受講生が覚えるのにちょうど良いボリュームにまとまっています。

最後にAmazonのセミナーではアフターサービスとイベント開催が多い点も評価できます。研修受講後も不明点は気軽に質問できるアフターサービスは実務を行う上で心強い味方になります。また、新サービスの説明などのイベントも開催しているため、研修内容をブラッシュアップして常に最新の状態に維持することができます。